2019年10月15日

深まりゆく秋に・・・私の好きなこと

****************
台風で  甚大な被害が出てしまいました
なんで  こんな事になってしまうんだろう
TVの画面を見ては  ただただ
言葉を失って  悲しくなるばかり・・・
何も出来ない自分が 情けなく思ってしまう

被害に遭われた方に
心より  お見舞い申し上げます
早くの復興を 願っています
****************



先日のこと
ちょっと  時間が出来たので
ぶら~~って  近場へ
青号で  しゅっぱ~つ!!



黄花コスモス
DSC_1485
綺麗ね💛



ヤギさん
DSC_1486
モグモグ
この頃   ヤギが多いなあ
可愛いから 見つけたら 📷です(*^。^*)



宝山湖
DSC_1505
雲がモクモク
香川用水の調整池の宝山湖
ひろ~~いね

ここは  水不足を解消するために
徳島県から水を引いてきた
香川用水の調整池です
水がすぐに不足する うどん県
有り難いですね(*´з`)


今月末に ここで自転車レースが行われます
私は出ないけど ちょっと コースを走ってみましょう


空と森
DSC_1495
青い空と緑の森が  映りこんで綺麗ね(*'▽')
水面を吹き抜ける風が   気持ちいいなあ



反対側
DSC_1499
スタート地点から  反対側まで来ましたよ
広々してて  いい気持ち(*‘∀‘)
散歩してる人や  自転車で試走してる人
芝生広場で遊んでる人
みなさん  楽しそうね(#^^#)




この道であってる?
DSC_1498
レースには  出たことないので
イマイチ  コースが  分からないけど
たぶん  ここでいいのかな??





空へ抜ける道
DSC_1506
わ~~  ここいいね☆
急坂を上がって来ると  こんな風景
こうゆう風景を見つけたら
すごく  嬉しくなりますね



休憩
DSC_1492
ふう~
とりあえず  一周してみました
影が綺麗
自転車の影は  お洒落だね



青い睡蓮
_20191015_095902
これ  睡蓮でいいのかな?
綺麗な色の睡蓮だね💛
ふふ~~  見つけて ちょっと 得した気分です



********* 秋の休日 *********************
最近は  気候も良くなって 気持ちいいので
庭仕事も   楽しみです



青い花
DSC_1629
お友達から  貰ったお花が  真っ盛り
優しそうな紫の花
はらはら・・・・  
風に揺れて  花がこぼれるのが
なんとも  可憐です(*'▽')



パープルラブ
DSC_1630
春に植えて   たくさん咲いたけど
夏を越して  また  咲き始めました
ゆらゆら・・・・
なが~~く  花枝を伸ばして  揺れる姿が
とても好き



紫陽花
DSC_1628
枯れた葉を刈りこんで   冬越しの準備
来年も  綺麗に咲いてくれるといいな




鉢花
DSC_1633
ミニ薔薇も  無事に夏を越して  秋の花を咲かせてくれました
サザンクロスは   先日植えましたよ
実の付いた  クランべりー  
可愛い実ですね(*´з`)




こけもも (クランベリー)
DSC_1626
こけもも の実がいっぱいなったら
ジャムに出来るかな??
なんて  一体いつになることやら・・・・笑
うまく  育ってくれますように



シクラメン
_20191015_095654
昨年  鉢で買って   春先に庭に下ろしました
夏を越えてくれて   花まで咲かせてくれたね
ああ~~   嬉しい(*'▽')
咲いてくれて   ありがとう!!




シュウメイギク <秋名菊>
DSC_1646
白花は  まだ咲いてないけど ピンクが咲きました
秋の花ですね



ワンコ
_20191015_074254
散歩から帰ると  ちょっとだけ 庭の手入れです
毎日 少しずつ 草抜きしてないと  ジャングルだもんね(@_@。

私が ゴソゴソすると  ワンコは真剣に手元を見ています
蛙や  バッタが出てこないかと  待ってるのです(笑)

ぴょんと  とびかかって
両手で  パシッと  押さえるんだけど
捕まえるのは  至難のワザ・・・・((+_+))
それでも  毎回  一生懸命追いかけてます!!
もう   可愛くって  たまりませんね💛💛

この子も  6歳になりました
この子とずっと  一緒に過ごしてきた時間
この子のお陰で 色々なこと 乗り越えてこれたね
これからも  ずっと  私のそばで居てね






スミレ  
DSC_1631
春の花の準備です
ホームセンターに行って
花を選ん出る時間の  楽しいこと(*^-^*)

土を入れ替えて  肥料をあげて
プランターを  並べたり
結構な力仕事で 頑張りましたよ!!

少し  汗ばんでしまうけど 
風が吹いて  気持ちいいね
休日を1日使って 植えつけたり
日の当たる場所に 鉢を移動させたり・・・
移りゆく 季節を感じます

何も考えないで   こうして過ごす時間は  幸せ💛
春には たくさん 咲いてくれるといいな~


蚊取り
_20191015_074043
お線香の香りが  好きです!
夏の間は 家の周りで 毎日 焚きますよ
カーテンが揺れて  風に乗って
ふと  お線香の香りがすると  
手を止めて  香りを感じています
夏も  終わってしまうね・・・
来夏まで  蚊取りを片付けておきましょう





稲穂
DSC_1657
刈り取りの終わった田んぼに
芽を出していた稲穂
秋らしいかな?と  飾ってみました



野菊
_20191015_095533
お散歩の途中で見つけた  野菊
少しだけ手折って来ましたよ


窓辺
DSC_1659
キッチンの窓辺にも  飾りました
この花器に よく似合うよね

この野菊は  大好きです
優しそうな花の色
小さくて 可憐な花
風の吹く野原で  咲いてるのは
本当に  綺麗だと思います




青空と自転車
DSC_1504

雲がモクモクして 綺麗な空

また  季節が巡っていきます


優しく咲く花々を  育てながら

花が 風に吹かれて

ゆらゆら 揺れるのを

ゆっくりと ぼんやりと

眺めるのが好き



気持ちのいい時間を

のんびりと過ごしたい


そんな ささやかな  日々が

私の宝物です

いつまでも  そんなひとときを

私なりに  大切にして

季節を感じて 生きてゆきたい

そう思いながら過した

素敵な秋の休日でした





2019年10月11日

紅葉🍁の始まり・・・石鎚山

お山に行きたいなぁ・・・・

北アルプスで 
御嶽山や乗鞍岳という
神様のお山に出会いました

そしたら 石鎚山の神様にお会いしたくて
堪らなくなり。。。
もう  仕事終わって  車を走らせました

土小屋に着いたのが23時ころ
結構     車が停まってますね
山頂小屋泊まりの人や  車中泊のようですね
私も  車のなかで  仮眠です
オヤスミナサイ(-.-)Zzz・・・・

霊峰  石鎚山  1982m  西日本最高峰

********  ******** ****** ******
オハヨゴザイマス
ただいま  午前1時半
この時間に来た方も  スタートしていきました

さあ  私もスタートしましょうね
午前2時にスタートですよ

ぶーら  ぶーら
のんびりと歩き始めます


スタートした時は  月があったけど
すぐに沈んでしまい  途中からは真っ暗、、、
かと思ったら  満天の星☆☆☆☆☆
すごーい❗綺麗ねぇ❤️

1のベンチ  2のベンチ  3のベンチ
順調に進んで行き   2の鎖避難小屋

ここの手前で  まるで走ってるような若者に
抜き去られます
気配を感じて  振り向いたらライトがチラチラ見えて
あっという間に  追いつかれて  抜かれた・・・
はやーーーい(゜ロ゜)


最後の急登も  頑張って登り切って
予定通り  4時半に 弥山着ですよ

もう  三脚が並んでます
紅葉の時期は  人気の石鎚山
ヘッドライトで  よくもめるので
「スミマセン  通らせてもらっていいですか?」
と声を掛けながら  気持ちよく隙間に入れていただきました
アリガトウゴザイマス(*‘∀‘)
感謝・感謝💛


綺麗な夜明け
DSC_1550
すっきりと  天狗岳も見えていますね
今日も  お天気で  期待できそうです(*^-^*)
朝6時ころだんだんと  明るくなってきましたよ



雲の波
DSC_1551
気が付くと  太平洋側から  雲が・・・
どんどん  押し寄せてきます
すご~~~~~い!!
モクモク  盛り上がっては  広がって
波のように  押し寄せてきますよ

じ~~~っと  見てると  本当に素晴らしい(*´▽`*)
どっぱ~~~ん   って 音が聞こえるみたいです

こんな風景 見たことない
いつまでも  見ていたくなるほど  引き込まれました




人波
DSC_1556
日の出を  見るために  たくさんの人
すごい  人気です
でも  足下は  切れ落ちた崖なので
お互い  場所を譲り合って  安全に過ごしたいですね




紅葉
DSC_1552
西日本最高峰の紅葉
ここから  西日本の紅葉は始まるんですね
なんだか  感動です💛💛



カメラマン
DSC_1564
久しぶりに  お会いました
石鎚山を  撮影している方ですね
ご挨拶させていただきましたよ
前日から  お泊りでしたが
「星が綺麗やったから  ずっと撮影してたよ~~」
って  ニコニコ
すごいな~~(@_@。


夢中!!
DSC_1573
雲が面白いと  いつまでも撮影に夢中です
また  撮影されたお写真を  見せて貰うのが
たのしみだな~~


のんびり山歩さん
DSC_1566
わ~~  お久しぶりです(*^-^*)
のんびり山歩さんも  登場!!
熱心に   アチコチ移動して  撮影📷
天狗岳に向かう  クサリを  下りてゆきますよ!!

私も  真似してたけど  足下が危ないので
ヨロヨロ・・・((+_+))
気を付けないとね・・・



他にも  石鎚山の美しく  厳しいお姿を  撮り続ける方にも
お会いすることができました
にこやかに  穏やかに  声をかけてくださり
嬉しかったですね

ここに来れば  お会いできる方々
やっぱり  いいですね
お会いできた皆さま   
変わらず  声をかけていただき  感謝です
ありがとうございます






山頂看板
DSC_1576
久しぶりの看板
でも  割れてきたようです
厳しい風雨に  晒されるからかな?


山頂神社
DSC_1577
神様のお山
朝拝にも  参加させていただき 
ありがたいお話しを聞き  心もスッキリ!!
神様のお傍で  いつまでも  いたいけど
そろそろ  下山しないとね・・・
神様  また  来ますね
アリガトウゴザイマシタ(*^-^*)




二の森
DSC_1579
雲が  二の森まで  やってきたようですね




のんびり山歩さん
DSC_1580
久しぶりにお喋りしながら  一緒に下山することに・・・
熱心に写真を撮影!!
いつも  素晴らしいお写真なので  楽しみですね(*^-^*)

のんびり山歩さんのHP ↓

http://livedoor.blogcms.jp/blog/musashinogirl/article/edit?id=21487121



ガスの流れ込み
DSC_1585
稜線を越えて  ガスが流れ込んできます
次に来るときは  もっと紅葉してるかな?


振り返って
DSC_1583
巻き道階段
この辺りも  色付いてきていますね
綺麗だな~



眺める
DSCPDC_0003_BURST20191010084922982_COVER
足を止めては  眺めに見入ります
何度来ても  やっぱり  いいお山ですよね

のんび山歩さんは  色々な山に登られてるので
お話しを  聞かせてもらって  楽しいです
日本のアルプスの山々も  詳しくて
ずいぶんと  教えていただくことが  多くて
聞いてるだけで  ワクワクしますよ(*^-^*)



北壁




_20191011_135607
見上げて・・・
名残惜しいな~~
この北壁が   真っ赤になるのは
もう少し先かな?
その頃に  もう一度   来れるといいな・・・
なんて  贅沢だよね



下山道
DSC_1590
四季を通じて  変化する道
夜中に  登ると  気が付かなかったけど
まだ  花が  咲いてて嬉しくなりました




ツリフネソウ
DSC_1591
結構  まとまって咲いてて  可愛いね~


シロヒゲソウ
DSC_1592
綺麗に咲いてますね
のんび山歩さんは  お花も詳しいので
色々と  教えてもらって  勉強になります


ワンコ
DSCPDC_0003_BURST20191010093357023_COVER
おっきいね~~
可愛いね~~
元気だね~~
頑張って  登ってね!!




また来ます
DSC_1593
もう  見えなくなる
そう思うと  なんだか  寂しい気持ちになります
神様   また  来ますね





リンドウの蕾
DSC_1594
これは  咲かないのかな??
って  ブツブツ言ってたら
のんびり山歩さんが   
「ここは風に当たるからね・・・  日の当たる所だと咲いてますよ」
と慰めてくれました(*^-^*)





咲いてるよ
DSC_1595
教えてもらった通りに  日当りのいい所では
綺麗に  咲いてました
素敵な色ね・・・

あちこちに咲いてて  見つけては  嬉しくて
何度も  立ち止まっては  眺めてばかり(*^-^*)
のんびり山歩さんには  待ってもらうばかりです
スミマセン・・・



二のベンチ
DSC_1596
パンを  頂きました(*´з`)
持参したパンは  とっくに食べてしまってたので
きゃ~~~ 嬉しい(*‘∀‘)
アリガトウゴザイマス・・・


到着
DSC_1597
あっという間に   土小屋まで 戻りましたよ
一人だと  すぐに止まって  ぼ===っとして
時間がかかるけど
のんびり山歩さんの  お話しが  面白くて
一生懸命  付いて歩きました
本当に  たのしい時間となりました
のんびり山歩さん  ありがとうございました💛💛💛





******************************
久しぶりの  石鎚山で  ちょっとタイムを計ってみました

2時02分   土小屋スタート 
2時41分   一のベンチ通過   39分 
2時55分   二のベンチ通過   14分
3時23分   三のベンチ通過   28分 
4時00分   二の鎖避難小屋着 32分
4時07分   二の鎖避難小屋発 07分休憩
4時33分   弥山着         29分
いつも  登りは  大体 2時間半ですが
やっぱり  大体 2時間半でした(笑)

でも  最近自転車に良く乗るから
下山時の  足運びが  ちょっとは  しっかりしたかな?
って  自己満足しています

下山は  頑張って  のんびり山歩さんに  付いて行ったので
2時間ちょっとくらいかな?
・・・て  のんび山歩さんに  聞いただけですが・・・
**********************************

のんびり山歩さんに  ご挨拶して
荷物を片づけて   瓶が森林道を  走ります




シラサ山荘
DSC_1598
耐震工事?
一時  閉館して  リニューアルするんだって
出来上がるのが  楽しみですね



瓶が森とおやつ
DSCPDC_0000_BURST20191010114012908
見てください!!このどら焼き・・・
北海道フェアで見つけたの~~~~(*‘∀‘)
あんこタップリで  いいね~~~~(*´з`)
ちょっと  休憩して  モグモグタイムですよ




石鎚山
DSC_1599
ガスも晴れて  また見えています
綺麗な  お姿ね
胸が  きゅーーーって なります
また  来れますように・・・





天狗岳
_20191011_140025
なんて  美しいんだろう
なんて  綺麗なんだろう



神様のお山は  誰のものでもない
神様の  お山なのです


下界の  喧騒を忘れて
この場に  立てることに  感謝です


この  素晴らしい景色に  出会えたことに
感謝します


また  神様のお山に  登拝できますように
ありがとうございました



musashinogirl at 22:20|Permalink山歩き | 愛媛・石鎚山周辺

2019年10月08日

秋の北ア物語④・・・真白な乗鞍岳

噴火から5年目の御嶽山から
移動しての 車中泊です

************  4日目 ***********
オハヨウゴザイマス(*^-^*)
いよいよ  最終日ですよ

ここは  朴ノ木平(ほうのきたいら)
乗鞍岳の登山口です

乗鞍岳は  マイカー規制なので
バスか タクシーか 自転車しかNGなのです

乗鞍岳  剣ヶ峰 3026m

ほうのき平 バスターミナル
P9290410 - コピー
始発は  6:55
平湯から  来たバスに  乗りこみます
満車で  補助いすを下ろして
まだ 乗り切れなった・・・
やっぱり 乗鞍岳 人気なんですね(*^-^*)

延長25km  標高差1500mアップ 
バスで40分ほど  揺られます


畳平
P9290412 - コピー
うひゃ~~
真白だ!!
さむ~~い・・
一度  外に出たけど 寒くてウエアを着こみます
それも そのはず 畳平は 標高2702m(@_@。
(ほうのき平バスターミナルは  標高1234m)


ガスの中

P9290413 - コピー
前を行かれるご夫婦は  徳島からだって
まあ~~  四国から(*'▽')
なんだか  嬉しいですね



警鐘
P9290415 - コピー
この辺りは  熊の棲息地域です
熊は  耳がいいんだって
カンカン  鳴らして  進みましょう


人だかり
P9290417 - コピー
なんだか  人が集まっていました
ナンダロウ?
・・・雷鳥が  いたそうです('ω')ノ
え~~  見たかったな
また  出てこないかな?

雷鳥は 字のごとく
雷や 霧の日に  出てくるそうです
雷鳥は あまり飛べないので
天敵の はやぶさなどに 見つからないように
ハイマツの下に隠れてて  ガスの時に歩きまわるそうですよ 



肩の小屋
P9290420 - コピー
ここが  登山口です
山頂まで  1時間ほど
ゆっくり行きましょう


剣ヶ峰
P9290421 - コピー
乗鞍岳は  いくつもの峰が連なりますが
最高峰は  剣ヶ峰なんですよ




岩ゴロゴロ
P9290424 - コピー
ここも  火山です
でも 岩の平らな面を上に向けてくれているので
とても  歩きやすいですね
ありがたいことです(*'▽')
感謝♡  感謝♡


ここの先は  稜線に出るので
風が吹いてる様ですね

このご家族が 小さな子供に ダウンを着せていました
そして おやつを食べて  一休みしていましたよ
可愛いね~~
もう少しだから  頑張ってね(*'▽')


ふきさらし
P9290427 - コピー
風が吹き抜ける稜線に出ました
すごい強風で  まっすぐに  歩けません(+_+)
もう少しですね




標識
P9290428 - コピー
左が  山頂小屋
右が  剣ヶ峰ですね
真白で  何も見えないけど
進むしかないです・・・



山頂鳥居
P9290439 - コピー
着きました
強風吹き荒ぶ  山頂です



本宮



P9290437 - コピー
山頂神社さん
お詣りさせてもらいました
どうか 無事に歩けますように


そしたら  霧の中から  泣き声が・・・
さっきの 親子連れの子供さんが 泣いてます
泣いてると言うより  号泣・・・(;´Д`)
どうした?  どうした????
「ぎゃあ~~~ん ざ・ざぶいよオオオオ! っざぶいよオオオ!!」
周りにいた方々も 
「頑張れ~~」「もう少しだよ」と慰めています(:_;)
ご両親も  困り果てて・・・
泣きながらも  歩く姿が  微笑ましくもあり
可哀想でもありました

神様  この子が  お山を嫌いになりませんように
そう願いました




山頂小屋
P9290429 - コピー
本当に寒いなあ('ω')ノ
私も  一休みです
小屋が建つ所は  風よけになってる場所
全然  風が当たらなくて  休めますね
ありがたいことです



座標
P9290441 - コピー
ここ  乗鞍岳からは  日本百名山のうちの41座が
見えるそうですよ(*'▽')
あ~~ん  残念だなあ・・・
お天気のいい日に また 来たいですね




お茶
P9290444 - コピー
珈琲と迷ったけど  お茶の和菓子付 にしました
美味しいね~~
山頂神社で授かった  お守りです
ひとしきり  休憩していると
続々と  人が登ってきます
さすがは  乗鞍岳(@_@。
さあ   ゆっくり下りましょうね



下山
P9290453 - コピー
学校登山でしょうか?
生徒さんが  グループで登ってきます
他にも  大団体さんが  登ってきますね
早いバスに乗って  正解でした!!
乗鞍は  登山道が広くて
すれ違いが   しやすくなっています
う~~~ん  さすがの乗鞍岳です(@_@。



乗鞍スカイライン
P9290460 - コピー
霧の中から  見えました
紅葉の乗鞍スカイライン
いつか  ここを  自転車で走りたい(*´▽`*)
今の  私の夢です
カルラのみなさんと  来ることができたら
最高なんだけどな~~~




富士見岳
P9290463 - コピー
まっすぐ  下山してしまうのが もったいなくて
あちこちにある  他の峰にも  登ってみました




大黒岳 登山口
P9290473 - コピー
大黒岳は  熊がよく出るそうで
15分ほどの 登山道に4か所  警鐘がありました
約5分ごとにあるんですよ
私も  鳴らします
「熊さん 熊さん 出てこないでね~~~」
「ちょっと  お邪魔させてね~~~」
と  大きな声で  お願いしました('ω')ノ



大黒岳休憩所
P9290475 - コピー
山頂からは  ご来光が綺麗に見えるそうです
9月の半ばまで  ご来光バスが運行されるそう・・・
今度は  ご来光に来てみたいな~~




大黒岳
P9290476 - コピー
真白です
雷鳥を探したけど  居ませんね・・・((+_+))


鶴が池
P9290479 - コピー
ガスの切れ間から  綺麗な池
鶴が羽を広げたような姿だそうです
晴れた日なら  綺麗なエメラルドグリーンだろうね
ああ~~  残念((+_+))


紅葉
P9290480 - コピー
霧のなかで しっかりと根を張って 生きてるんですね



グリーン パトロール
P9290481 - コピー
北アルプスの山々には  グリーンパトロールの皆さんがいます
もちろん  ボランティアです
この方も  火箸を持って  ゴミを拾っていました
以前白馬岳で  グリーンパトロールの方に出会って
それ以来  私もゴミ拾いしながら歩くようにしています

少し  お話しをさせていただきました
今年は 夏の雨が多く 雷鳥のヒナが
ほとんど死んでしまったそうです
なので 親鳥は  雛に餌を 与える必要がなく
ハイマツから  あまり出てこないそうです
そうなんですね・・・ガッカリ(:_;)

厳しい自然のなかで 生き抜くことは
大変なんだね
どうか 来年は 可愛い雛たちが
たくさん  育ちますように

グリーンパトロールの方に  お礼を言って
さあ  下りましょう



目撃情報
P9290484 - コピー
畳平で  よくよく見ると
前日に  熊がいたんですね・・・
さあ  乗鞍岳にお別れを言って
バスに乗って  帰りましょう

***********************
今回  登った山は
焼岳 北峰2444m
御嶽山  3067m
乗鞍岳  3026m

8月に眺めた  朝陽の中のこの3座
歩けて良かった
あまり  気にしてなったけど
この3座は  百名山なんですね
歩いて分かったこと
さすがの  百名山でした
ちょっと  感動しましたね(*^-^*)

************************



御嶽山の夜明け
DSC04773
御嶽山で  迎えた夜明け
この美しさに  心奪われました
なんという  神々しさだろう
神の山ですね

私の大切な 石鎚山も 美しいけど
ここ御嶽山も  美しいですね  

百名山の良さを  実感しました
日本の山の 美しさを 目の当たりにしました

山って  いいな
人との出会いって  素敵だな

こうして 歩けることに
感謝して また 山歩きをしたい



言葉に出来ない たくさんの想いを
今回は 得ることが出来ました

喜びや 悲しみや 慈しむ気持ち
私なりに 大切にして
熟成させて 過していきたいと
感じた北アルプスでの  ひとときとなりました

たくさんのことに  感謝します
ありがとうございました


musashinogirl at 22:00|Permalink山歩き | 北アルプス

2019年10月07日

秋の北ア物語③・・・雲海の夜明け・御岳山2

噴火の日から  5年目の御嶽山山頂で
黙祷を捧げて  移動しましたよ
**************************
時間的には  日帰りが十分可能でしたが
せっかくなので  一泊する予定なのです

噴火以来  登山者が激減して 
周辺の山小屋さんは  修理や改築に 
費用がかさんでいるそうです
御嶽山の賑わいが  戻ればいいな~~
私に出来ることで 少しでも お役に立てればいいな(*'▽')  

**********************


二の池
P9270263 - コピー - コピー
さきほど  上から見下ろした二の池です
実際に  灰の上を  歩きます



埋もれる道
P9270265 - コピー - コピー
この石垣が  池の堤防だったのかな?
今は  池なのか 道なのか分かりません
ロープがあるので  沿って歩きます




埋もれた看板
P9270266 - コピー
この  看板を見て はっとしました
これほど  灰が積もったんだと・・・
歩いてみると 柔らかく 粘土の様です
ストックで  触ってみると 掘れそうですが
まとわりついて 重く ねっとりしています
これの環境で  捜索するのは 大変だったろうね・・・  


二の池ヒュッテ
P9270297
今夜 泊まる予定の山小屋です
時間があるので  荷物を置かせてもらって
摩利支天山まで  行ってみようと思います


連れだって
P9270269 - コピー
山小屋に  先着していた女性と
一緒に  行ってみることになりました
彼女も  単独とのことで  
明るく  元気な方ですよ
草紅葉が  紅葉してて  綺麗でしたよ!!


彼女
P9270276 - コピー
彼女は  北陸から来たそうで
ほとんど  単独行とのこと
しっかりと  歩かれます



案内板
P9270277 (2)
大きな山なので   こうゆう地図を見ると
全体像が  つかめて  いいですね


三の池
P9270279 - コピー (2)
摩利支天の尾根の向こうに  綺麗な池
三の池だそうです
空が映って  なんて綺麗なんだろう💛
一の池や 二の池も  
本来なら  こんな風に綺麗なんだろうな


摩利支天山
P9270284 - コピー
小屋を出発してから  だんだんガスが・・・
そして  この先へ  向かっているうちに
パラパラ  雨粒まで(+_+)
写真を撮る暇もなく   さっと行って
さっと  帰ってきましたよ



今夜の宿
P9270298 - コピー
可愛い看板
ここは  噴火以降  リニューアルして
再開したそうで  女性オーナーさんですよ
とても  しっかりとした 美しいオーナーさんでした


こたつ
P9270303 - コピー
温かい炬燵に  足を入れて
北陸からの  彼女と  お喋りタイム
楽しいね~



夕飯
P9270305 - コピー
温かい食事が嬉しい
今夜の宿泊客は  6名
女性4人と  男性2名
全員  単独行の方ばかりですよ(*'▽')
賑やかに  食事が進みます



祝杯
P9270307 - コピー
実は  女性4名のうちの  お一人が
なんと  この御嶽山で 日本百名山を完登されたそうです
すご~~い!!
おめでとうございます(*^。^*)
とても  盛り上がり  消灯まで話が 弾みます
あ~~  楽しかった💛

オヤスミナサイ(-_-)zzz



*************** 3日目 *****************
オハヨウゴザイマス('ω')ノ

外へ出てみると  ちょうど 夜明けです


雲海
P9280314 - コピー (2)
何とも言えない  美しい朝
胸に迫る夜明けです




ガスガス
P9280319 - コピー
北陸からの彼女と  一緒に下山します
雷鳥が  いないかな?と  探したけど
いなかったね・・・残念((+_+)) 

二の池ヒュッテ看板
P9280320 - コピー
これも 手作りで  可愛いね
たくさんの方が  来てくれるといいね(*^-^*)


二の池の銅像
P9280325 - コピー
これも  埋まってしまってますね
本当なら  美しい池の畔に立つ  銅像だったんだろうね



雲海のなか
P9280329 (2)
尾根を越えて  回り込んでいきます
綺麗な雲海を 目の前にして 進んでいきますよ



噴石
P9280331 - コピー
こんなに大きな岩
これも  火山特有の岩なのかな?


9合目
P9280335 (3)
昨日は  八が岳  南アルプス  中央アルプスが
ど===んと  見えていたけど
これは  これで  幻想的で素敵だね



鳥居
P9280337 - コピー
いつまでも  眺めていたい
こんな  風景のなかに  神秘的な雰囲気が
感じられますよね


石室小屋
P9280341 - コピー
ここは  通り抜けOKな小屋
もちろん  通らなくてもOK
せっかくなので  通り抜けさせていただきました



眺め
P9280342 - コピー
小屋の内部は  窓が額縁になっていて
綺麗な眺めでした
こんな素敵な小屋で  泊まるのもいいですね
アリガトウゴザイマシタ(*‘∀‘)



オンタデ
P9280338 - コピー
北陸の彼女が 教えてくれました
オンタデ  という植物だって
御嶽山固有の植物で  紅葉しています
あたりに  群生してて  とても綺麗でした


急坂
P9280340 - コピー
昨日  ひーはー 言いながら登った道
つまずくと  転げそうな道
気を付けていきましょうね



綺麗な紅葉
P9280345 (2)
ガスが出て  しっとりとした  感じね
でも  この根っこが  生き物みたいで
不思議な世界ですね~~



振り返って
P9280364 - コピー
昨日は青空で  暑くて  大変だった
今日は  薄曇りで  少し楽かな?
この日も 花束をもった  方々がいましたよ
どうか  お気をつけて


石塔
P9280366 - コピー
御嶽山のお姿は  もう見えなくなります
名残惜しく 畏敬の念と 感謝と  鎮魂の気持ちで
見上げて  さあ  下っていきましょう




東京の彼女
P9280371 - コピー
昨夜一緒になった  単独のメンバーの一人
東京の彼女です
途中から 一緒になって 3人で下りました
単独で歩く人とは  やはり似通った感覚ですね
話が 弾んで とても いい時間です
素敵な出会いとなりました(*^-^*)
思い出がふえました


****************************************
荷物を片づけて  またまた移動です
北陸の彼女が 教えてくれた  温泉へ来ましたよ



クマ?(@_@。
P9280392 - コピー
え~~と  温泉に来たんだけど
熊が出る?
まあ  北アルプスだし  岐阜県だし・・・
気を取り直して  温泉~~~~💛




維持協力金
P9280393 - コピー
え~~~と  公園?
え~~~と  200円??
よく分からないけど 200円  入れて  
温泉~~~💛💛💛




のぞき警戒中?
P9280396 - コピー
なんだか  怪しげな看板が  次々と・・・
覗かれるって  なんだろう??




入口・・・
P9280397 - コピー
え~~と  どうやら  ここが入口の様です
こぢんまりとした 建物ですね・・・
手前は  男湯
奥が   女湯~~~(*^-^*)



扉・・・???
P9280398 - コピー
なんだか  違和感?
塀が  ない??
そ~~と  左へ 回ってみました


露天風呂
P9280400 - コピー
えっ  露天風呂・・・・?
それも  塀がない??
えっ えっ えええええ(@_@。

北陸の彼女が  いくつか教えてくれた温泉で
何も調べないで  来てみたのがここ
   ↓
栃尾温泉  荒神の湯

https://hikyou.jp/report/dayuse/60338/



どうやら  公共の露天風呂??


P9280403 - コピー
隣の男湯とは  この塀一枚・・・
一瞬  他に行こうかと思ったけど
こんな露天風呂も  経験だと
意を決して(笑)  入湯!!




いい湯だな~~~(*'▽')
P9280402
誰もいないので  ゆっくりと入れてヨカッタ
湯温も  ちょうどいいね~~
あ~~  気持ちいい💛


荒神の湯
P9280404 - コピー
帰りに よくよく 眺めてみた


公園
P9280406 - コピー
川に沿っての  公園が広がっていて
その一角に  露天風呂があったんですね
車が停まってる向こうの森が  露天風呂


自由な空間
P9280409 (2)
車中泊は  禁止と書いてあったけど
みなさん  調理をしたり  洗濯したり?
寛いでいました(*^-^*)


さあ  私は 明日のために  
またまた  移動です
 
車のなかで  オヤスミナサイ・・・・




musashinogirl at 16:27|Permalink山歩き | 北アルプス

2019年10月06日

秋の北ア物語②・・・5年目の御嶽山

******* 焼岳から下山してからのこと *****

焼岳から  御岳山ロープウェイ乗り場まで移動しましたよ
ナビで見ると  90キロほど・・・
えええ~~~?遠いなあ(-_-)
日本一小さい うどん県なら  県外に出てしまうね・・・

でも  「あかんだな駐車場」出て10キロあたりの
コンビニで買い出しをして  町中を走って
「美女街道」なる道路にはいると
70キロほど  信号も 家もなく 広い2車線道路で
ちょ~~~快適!!
岐阜県って  すごいな~~~(>_<)
車中泊で  爆睡・・・オヤスミナサイ

******** 2日目 ********
おはようございます(^^)
6時前に目が覚めると 快晴のようね
やった~~
今日も  のんびりと登れますように


御岳ロープウェイ
P9270145 - コピー - コピー
準備をしていると  隣の車の方が  声をかけてくれました
「うどん県から  来たの?一人で?」
とても  明るく気さくな男性で  少しお喋りです

********************************************
御嶽山が  噴火して5年目の今年は
7月~10月半ばまで  期間限定で
山頂までの立ち入りが  解除されたのです

それを知って  私も登ることにしたのですが
「5年前の今日が噴火した日」とは 知らなかったのです

この男性は5年前の噴火の時に
山頂で居たそうで  グループのほとんどの方が
巻き込まれたそうです
今もお一人  見つかってないそうです
大変だった・・・と
その時の様子を  話してくれました
「ボクは  登らないといけないんだよ」と
力強く話してくれました

そっか・・・5年前の今日なんだね

実は 予定では
1~2日目  御嶽山で1泊2日
3日目  焼岳
4日目  乗鞍岳
だったのですが  前半2日が天気がよかったので
順番を変えたのです
これも  何かのご縁かな?
*************************************



青空に向かう
P9270149 - コピー - コピー
7時からのロープウェイ運行に  合わせて
大勢の方が  乗って行かれます
私も  行きましょう


きれい・・・
P9270153 - コピー - コピー
中央アルプス  南アルプス  八が岳
大展望です
すごい  すごい(^^)/





展望所
P9270151 - コピー - コピー
鏡張りになってて  自撮りできます
御嶽山が   くっきり!!
周りの壁も  鏡張りで  いい展望所でしたね



行場山荘
P9270160 - コピー - コピー
スタートして  すぐに  7合めの行場小屋
御嶽教の信者さんが  泊まったりするそうです


張り紙
P9270162 - コピー - コピー
ふと  目に付いた張り紙
駐車場で 「今日の山頂は 報道陣がいっぱいですよ」
と聞いていたので  ちょっと  不安(-_-)
ご遺族や  関係者の方々に
迷惑かけないように  気をつけよう・・・!!





P9270165 - コピー - コピー
沢に掛かる橋
この上流側には  結界が張ってあり
信者さんが  身を清めたそうです
信仰の山の雰囲気を  大切にしたいですね


樹林帯
P9270167 - コピー - コピー
快晴だ~~(^^)
綺麗だ~~(^^)/
でも  きついよ~~~(-_-)
ほぼ  直登な感じで  ひ~は~
空気が薄い・・・


女人堂
P9270168 - コピー - コピー
八合めの小屋
約1時間毎に   小屋があって  助かる
小屋には  有料トイレがある
さすがは  北アルプス  人気の山です!!



森林限界
P9270172 - コピー - コピー
ここで  森林限界を 越えます
見晴らしはいいけど  とにかく苦しい・・・
息が  切れて  苦しい・・・
たっぷり  休みます


信仰の山
P9270173 - コピー - コピー
鳥居さん
こんな場所に立つと
御嶽山の姿に  畏敬の念を  抱きますよね


石塔
P9270177 - コピー - コピー
至る所に  ○○教の文字を彫った石塔があります



立派ね
P9270179 - コピー - コピー
どうやって  持ってきたんだろう
立派なこと
皆さんの  信心深さが  伝わりますね



まだ・・・?
P9270181 - コピー - コピー
きつ~~い
苦しいから  写真を理由に  立ち止まる
休み休み  行こう!!




P9270183 - コピー - コピー
鐘を鳴らして  お詣りしながら  登りましょう
でも  苦しいのが  本音・・・
はあ  はあ  呼吸を整えて!!



紅葉
P9270185 - コピー - コピー
山肌は  紅葉が始まっていますね


振り返って
P9270187 - コピー - コピー
明るい日差しの中  山並みが遥かに続きます
ああ~  綺麗だなあ!(^^)! 



すじ雲
P9270192 - コピー - コピー
秋らしい  すじ雲
空と雲が  いい感じね


まだまだ
P9270195 - コピー - コピー
ふう  9合めの小屋は見えるけど
全然  近づかないね・・・


小屋まで300m
P9270196 - コピー - コピー
あと  少しだ・・・
300m  頑張ろう!!


修験の山
P9270200 - コピー - コピー
こうゆう  案内表示が  あちこちに・・・



9合目
P9270204 - コピー - コピー
やっと着いた!!
息も絶え絶え・・・(+_+)本当に苦しい
休まないと  進めないのです



ヘルメット
P9270205 - コピー - コピー
ここから先は  ヘルメットを被ります
ヘルメット着用義務は  無いですが
被災された方々も  もしも被っていたら
助かった方がいたかもしれません
そう思うと  自分を守るのは自分なので
自主的にかぶりましょう

実際  ヘルメット着用してるのは
半々くらいでしょうか?



見上げて
P9270206 - コピー - コピー
吸い込まれそうな程  青い空
悲しいくらい  綺麗な空



いざ往かん
P9270207 - コピー - コピー
さあ  最後の急登
苦しいけど  進みましょう




稜線
P9270211 - コピー - コピー
あの稜線まで  行くと
山頂が見えるのかな?
山頂まで  あと30分くらいだって
もう少しだね




見えた
P9270214 - コピー - コピー
山頂が見えた
5年前も  快晴だったよね
こんな  天気だったのかな?
一歩一歩  踏みしめて  進みます




二の池
P9270216 - コピー - コピー
初めは  これが何か分からなかった・・・
よくよく 見ると 山小屋がある?
もしかして  これが  二の池?
灰に埋もれた  二の池???

呆然と  眺めて
隣にいた年配のご夫婦の女性に
「あれが  二の池でしょうか?」
と尋ねると
「そうですよ・・・  
噴火の前は綺麗なエメラルドグリンだったのにね・・」
と 悲しそうに教えてくれました

感極まった ご様子に
「もしかして  5年前いらしたんですか?」
「・・・・ええ  真っ白に灰を被ってね
たまたま  主人と二人とも  助かりましたが・・・」

ご主人は  5年の間に弱ったそうで
「規制解除になったので
5年目にして  やっと登ってきたけど
来年  来れるかどうか もう分からない」
そう  おっしゃっていました


*********************
実は  この辺りでは  
白い花束や千羽鶴を背負った方々が
何人も  いらっしゃいました

灰に埋もれた  風景を目にして
その場から  動けなくて立ち尽くす方
声を上げて  泣きながら  登ってる方 
「ゆっくり  行きましょう」
と  私も 声をかけますが
涙をこらえることが  できなくて 
一緒に泣きながら  歩きました

今  この記事を書きながら 思い出しても
やっぱり  涙がこぼれてしまいます
******************************



山頂へ向かう
P9270217 - コピー - コピー
あのピークへ向かって
何人もの方が   登っていきますね



規制案内板
P9270218 (2) - コピー
王滝ルートは  まだ通行止め





空に向かう
P9270219 - コピー - コピー
黙々と  進む人たち
誰も  笑顔の人はいません
皆さん  悲し気な表情でした
きっと  私も  そうだったと思います


シェルター
P9270226 - コピー - コピー
ニュースで  見たシェルター
新しく  整備されたそう




山頂へ向かう
P9270228 - コピー - コピー
一歩一歩  踏みしめて
山頂へ行きましょう



振り向いて
P9270229 - コピー - コピー
灰に埋もれた世界
5年の間に  雨で灰が流されたようですが
捜索の様子を  テレビで見た風景が 広がっていました
まだ  5名の方が  行方不明なのです
この  灰色の世界の中に  残されてるのですね
早く  ご家族の元に  帰れますように・・・
そう  祈らずには  いられませんでした




山頂神社
P9270237 - コピー - コピー
新しく再建されたようですね
花束が  供えられていました
私も  手を合わせます




山頂から
P9270231 - コピー - コピー
二の池が見えています
エメラルドグリーンだった二の池



噴火口
P9270234 - コピー - コピー
案内板などは  無いのですが
ここが  噴火口の様でした
堆積した灰が  雨に流されて
幾筋もの  ラインを作りだし
なんとも言えない  風景になっていました

そして  ここが一の池だそう
確かに  よく見ると  池の様だと  窺えます
綺麗な  カルデラ湖だったようですね




砕けた石板
P9270247 - コピー - コピー
山頂は  さっぱりと 片付いていたので
初めは  気が付かなかったけど
よく見ると  石板が  割れていました





P9270248 - コピー - コピー
鐘をならして  手を合わせてから  気が付いた
穴が空いてる・・・・




灯篭
P9270260 - コピー - コピー
よく見ると  いたる所に痕跡が・・・
灰に埋もれて   傾いた灯篭
折れ曲がった  手すり

もう  胸が痛くなりました・・・




慰霊碑
P9270261 - コピー - コピー
これは  慰霊碑の横に取り付けられた  記録板
犠牲者58名  行方不明者5名
いまでも  テレビで見た衝撃が  思い出されます


慰霊碑を  撮影するのは  気が引けました
でも  皆さんに  知ってほしくて
この記録板だけ  掲載させていただきます




噴火の時間  11時52分には
慰霊の黙祷が捧げられました
山頂の鐘を鳴らし   その場にいた方々で黙祷

御嶽山でガイドをしていた男性が
周囲の方に  声を掛けて鐘を鳴らし  
大きな体を震わせて  男泣きされていました

5年前の噴火の日と
知らずにこの日に  登りましたが
悲しいほど  綺麗な青空と
悲しみに満ちた山頂付近の風景
私にとって  忘れられない一日となりました



犠牲になられた皆さまのご冥福を祈り
まだ見つからない皆さまの早期発見を願い
ご遺族・ご友人・関係者の皆さまの
悲しみが少しでも癒されますように





********** お願い ***************
出来るだけ  写真や言葉を選びながら  
書いたつもりです
もし 気になる点などがあれば
ご連絡ください
よろしくお願いします
******************************************







musashinogirl at 22:46|PermalinkComments(2)山歩き | 北アルプス

2019年10月03日

秋の北ア物語①・・・青空の焼岳

秋も感じるようになってきたね

夏に 富山の折立~岐阜の新穂高温泉まで
雲の平周辺を  3泊4日で縦走しました
その最終日に 眺めた風景が  あまりにも美しかった

**********************************************
朝陽を浴びて・・・☆2019年8月初め撮影☆
P8080634 - コピー
手前から焼岳・乗鞍岳・御嶽山
この時に 次はこの三座を登りたい!と・・・  
************************************************


ずっと  天気予報とにらめっこ( `ー´)ノ
なかなか  台風の影響からか  雨マークが消えなくて
諦めかけていたけど  前日になって晴れマークに!!!

やった~~~  行けるね(*'▽')
慌てて  準備して  なんとか間に合ったよ


仕事終わって  20時に出発です
8時間運転して  岐阜県の<あかんだな駐車場>に午前4時着
ここは  4時にゲートが開くまで  車内待機は禁止なので
1分待つくらいで  オープン(*^。^*)
やれやれ
10台ほどの  車が入って行きます


上高地行きのバスが出るのは  6時なので
(上高地はマイカー規制なのです)
2時間は  仮眠できる!!
あっという間に  寝てました・・・(-_-)zzz



********************* 1日目********************
オハヨウゴザイマス(*´з`)
6時のアラームより  5分ほど早く目が覚めます
テンション上がってるのか  疲れは感じません

準備して  バス乗り場へ

始発は 出てしまったけど 臨時便が出てます
ありがた~~い


焼岳   2444m  北アルプス


上高地バスターミナルで  登山届提出
気を引き締めて  行きましょう



梓川ほとり

P9260082 - コピー
上高地は  何度目だろう・・・
自転車でも  大学時代に  何度も来たね
いつ来ても  素晴らしい所です



田代橋
P9260084 - コピー
ここを  渡って  焼岳登山口へ  向かいます


穂高連峰
P9260086 - コピー
梓川からの  眺め
穂高連峰は  北穂高岳しか登ってない
いつか  奥穂や  前穂に  登れる時がくるかな?


登山口
P9260090 (2)
さあ   スタートです


活火山
P9260091 - コピー
登山口には  火山情報が・・・
低周波地震だって(@_@。
う~~~む   気を付けていきましょう


快晴
P9260096 - コピー
樹林帯で  影を見つけましたよ
いいお天気だね
でも   暑いよ~~~(+_+)
汗だくです( ノД`)
水分は600m×3本
ぐいぐい  飲んでます
足りますように


コワイ橋
P9260106 - コピー
ぎえ~~
これは コワイ  コワイ(+_+)
でも  これがなかったら もっと怖いわー((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
こんな風に  整備されてて  有り難いですね
気を付けて~~~


直登梯子
P9260111 - コピー
こんな所は  梯子がないと  無理だよね・・・




P9260112 - コピー
難所が  続きますね
ゆっくり  ゆっくり・・・
落ち着いて  いかないとね

***********************
実は  この写真に写っているのは  外国人さん
出会った3分の2は  外国の方でした
ほとんどの方が  Tシャツ・短パン  小さいザック
中には  斜め掛けバッグとか  手ぶらの人も・・・
さすがに  サンダルはいなかったけど。。。

上高地から  日帰りできる山として  手軽に思うのかな?
でも  2500m近い  山だし・・・ 活火山だし・・・
もし  何かあったら  動くのは  日本の山岳救助隊です
もちろん 遭難に対しての 救助は必要でしょうが
遭難を避けるための  装備が十分なのかどうか・・・
なんだか  違和感を  感じましたね
************************


焼岳  北峰
P9260113 - コピー
見えた!!
噴気が  上がるのが  見える

難所を過ぎると   そろそろ  小屋があるはずね
森林限界を越えて  草原を  登っていきますよ



焼岳小屋
P9260117 - コピー - コピー
小屋が  あると  ホッとします
トイレ(有料100円程度)も  あって  助かりますね💛
ここまで  地図のコースタイムより  早く来れた!!
珍しい~~(*´з`)



新中尾峠
P9260118 - コピー - コピー
すんごく  いい眺め♡
あ~~  風が気持ちいい!!

実は  寝不足からか  モチベーションが上がらず
ここで 止めようかと  思ったのです
そしたら  山頂から降りてきた  高齢のご夫婦が
「眺めヨカッタよ~~」って  ニコニコして教えてくれました
そだよね  こんないいお天気の日に  登らないのは
モッタイナイ!!

さあ  行こう!!



急登
P9260119 - コピー - コピー
峠からは  目の前に  聳える山頂
山頂に立っている人が  見えましたよ!!
この  噴気を上げる中を  登るのか・・・
すごい  急登だわ((+_+))

コースタイムは50分なので 
私なら  1時間か~~~(@_@。

山頂直下まで登って  ドームの左側から巻くようです
ここからは  ヘルメット着用です
頑張ろう!!


**********
ここからは  足下も  ガレてて  浮石も多く 緊張の連続
カメラを構えるのが  不安定で
ドームの左肩に着くまで ほとんど 写真は  撮れませんでした
**********


噴気
P9260122 - コピー - コピー
あまりに  急登で  ちょっと 足場のいい場所で
休んだ時  一枚だけ  📷
四国にはない  活火山なんですね
硫黄臭が  立ち込めますよ



山頂の  ドーム

P9260127 - コピー - コピー
最後の岩場  
岩に掴まって   足をかけて  ぐいっと押し上げて・・・
岩の間を  すり抜けるように  登ります
岩に  〇や  ✕が  ペンキでマーキングしているので
ルートを  外れないように
気を付けて・・・



焼岳  北峰2444m
P9260132 - コピー
着いた~~~
穂高連峰が  目の前に  聳えます
すごい~~~!!!



南峰
P9260130 - コピー
こちらの  南峰は  立入禁止ですよ
こんなに  目の前で  ダメなんだね・・・(+_+)




笠が岳遠望
P9260120 - コピー - コピー
笠が岳は  雲の中だね
岐阜県で独立最高峰なんだって
いつか  登りたいな~~

そんなことを  思っていると
岐阜県の山岳救助ヘリが  穂高方面へ 飛んでいきました
何か  事故かな?
大きな事故でないといいけど・・・
私も  気を付けようと  誓いました('ω')ノ



カルデラ湖
P9260134 - コピー - コピー
それほど  広くない山頂は  急激に切れ落ちてます
そ~~っと  覗き込むと
わ~~~   綺麗な湖だ(*´▽`*)
びっくりだね
綺麗な色だね~~~💛💛💛




紅葉と穂高
P9260139 - コピー - コピー
山頂直下は  紅葉が始まっていました
秋だね~~


さあ  バスの時間が気になるので  下りましょう
慎重に   ゆっくりと  
急坂で  つまずくと  滑落になるので
カメラ等は  ザックに詰め込んで  下りましたよ



小屋まで降りて  小屋番の方に  聞いたこと

小屋から  上高地バスターミナルまで  
コースタイムは  2時間30分
田代橋の近くにある  帝国ホテル前バス停は
上河内BTで  いっぱいだったら 停まってくれないので
上高地BTまで  行った方が  無難ですよ

田代橋から  上高地BTまでは20分かかります

時刻は  13時50分
バスの最終は  17時
ゆっくりは  出来ないね

ありがとうございます(#^^#)


お礼を言って  どんどこ  下ります
足は  フルフルしたけど
不安感はないね
ここの所の  自転車トレーニングのお陰かな?



上高地バスターミナル
P9260142 (2) - コピー
16時前に  着きました
2時間で 降りてきた~~~(*'▽')
私   頑張りましたね💛


穂高や  槍ガ岳側からも  たくさんの人が  下山しています
観光客も  多いです
ここまで  来て正解でしたね
小屋番さん  感謝・感謝(*^。^*)

結局  1.5L以上は  飲んでました
台風の後の  残暑なのか 暑かった~(T_T)
峠と山頂は  涼しかったけど  やっぱり  樹林帯は  暑いものですね
勉強になりましたね


リンゴのソフトクリーム
P9260143 - コピー
これが  果肉入りで  美味しい!!
は~~  幸せ💛
臨時便が出て  無事に  あかんだな駐車場へ  戻りましたよ
あかんだな駐車場~上高地  往復バス料金2100円
駐車料金1日600円
有り難いですね




穂高をバックに
P9260128 (2) - コピー

なんて  綺麗な青空だろう

こんな  風景が心に染みてきます


風も気持ちいい・・・

来てよかった・・・

さあ  次のお山へ  向かいましょう





musashinogirl at 17:15|PermalinkComments(2)山歩き | 北アルプス

2019年09月24日

夏から秋へあれこれな日・・・9年の歳月

この前から  気になっていたことが  ありまして
このごろ  自転車に良く乗るから
早めに  対策することにしました・・・


ブレーキレバーの ゴムの部分の劣化
_20190924_220227
ゴムが  べとべとして  気持ち悪いんだよね~~((+_+))
なんとかしようと・・・・



型紙作り
DSC_1120
パッドカバーを  自作することに・・・
型紙を作りましょう!!



革細工
DSC_1126
端切れのコーナーで見つけた革
「滑りにくそうで  色が合うもの」で300円!!
やす~~いね(*^-^*)


裁断
DSC_1181
型にあわせて   折りこみ部分をとって  切りました



折りこむ
DSC_1185
切れ端が  中に来るように  折りこみますよ
バーテープの交換時にも  めくれないと困るものね



いい感じ💛
DSC_1186
挟んで折り返すと   端っこがすっきり(*´з`)



巻いてみた
_20190924_220121
皺が寄ります
ここからは  実際に  当て乍ら手直しです





切れ込み
_20190924_220102
切れ込みを入れて   カーブに沿わせます
こうゆうのは  洋裁と同じね

肩や首周りは  こうやって  切れ込みを入れて
丸みを作ったり
胸や腰回りは  ダーツで  立体的に仕上げるんですよ(*^-^*)

洋裁で習ったことが   活きてます(*^。^*)




ほら~~~
_20190924_220025
皺が  なくなったでしょ💛




出来上り
_20190924_220009
新しいレバーに替えたらいいんだろうけど
取り敢えずは  これでOKね('ω')ノ
ベタベタしなくなって   気分よく走れそう!!
あ==  こんな事やってるのが  楽しい(*^-^*)

ふと  思ったこと
自転車が  木で出来てたら   私でも作れるかも・・・?
丸ノコで  フレーム切り出して 
インパクトで   繋いだり   パーツを付けて
季節に合わせて  布でフレームを飾る!!
・春は  小花模様
・夏は  青空と白い雲と緑の森
・秋は  紅葉
・冬は  雪景色
そんな布を  色々選んで  巻き付けた自転車
素敵かも~~~~~~~~~💛

あ~~  ひとりで妄想してたら  楽しくなっちゃったね~~(*'▽')



ジャム
DSC_1133
イチジクのジャムを  作りました
大好きなんだよね~~💛💛💛



レモン酢
DSC_1180
琥珀色のレモン酢も  作りました
サラダに  ぴったり(*^-^*)



走りましょう
DSC_1213
自作の  パッドカバーを  試してみます
影がきれい~~~



紺碧の空と群青の海
DSC_1202
いつもの荘内半島
たまらなく  綺麗だ!!


びゅ===ん
DSC_1203
海に向かって   急降下
あ~~  気持ちいい💛最高な気分!!



何島だっけ?
DSC_1208
詫間の沖の島
思い出せない・・・・( ゚Д゚)



浦島パーク
DSC_1210
春には  マーガレットが咲きますよ



木漏れ日
DSCPDC_0001_BURST20190923142823266_COVER
風で  木々が揺れるから   影も揺らめくね



メエ~~~
DSCPDC_0002_BURST20190923143046216_COVER
ヤギ発見(#^^#)
カメラ目線でしたよ📷   可愛いね



なんだこれ?
DSC_1223
斧が突き刺さってる!!
ウッドギャラリーだって。。。。




DSC_1228
詫間町は   浦島太郎伝説の地
地名が  面白いよね~~




海~~~
DSC_1233
キラキラ  光って  綺麗~~~



太陽
DSC_1245
手の平に  太陽を  乗せてみました(^^♪
そして・・・・


あ~~ん
DSC_1242
パクッ  食べてみた(*´з`) 


道端で   こんなことしてたら
車やバイクや自転車が  通るから   その度に  知らん顔・・・
車とバイクは  音がするから   早めに気が付くけど
自転車は  音しないから   ビックリ・・・でしたよ(@_@。

気持ちよく走りました 


ベンチ


_20190924_213214
カルラまで  戻って  いつものベンチでお茶タイム
今日は   ジャスミンティ




パンク
DSC_1255
帰ったら   パンクしてた((+_+))
なんだか この頃  タイヤのトラブル続き
また  貼り直さないと・・・

なんか  タイヤを貼ることも  憂鬱になってます
私がへたっぴに  貼るから  トラブルのかな?
菅さんが  貼ってくれてた時は  
パンクなんて滅多にしなかったのにな・・・



9年
DSC_1152
菅さんが  居なくなって  9年になりました
お参りさせてもらった
もう  お花を届けることしか  出来ないね




夕暮れ
DSC_1252
雲が   秋の雲になりました

菅さんが   いなくなって  9年
もう  そんなに経つのかと・・・
この  9年間のこと   思い返して
色んな事が  あったな

何より   カルラの皆さんと  走るようになったこと
本当に  素敵な時間です
一番  遅くて  待ってもらうばかりで
それでも   付いて行きたくて  参加させてもらってます
感謝ですね


菅さんが  居ないことは   辛いまま
忘れることなんて   できない
だから   カルラに  寄るんだね



菅さん  みなさんと一緒に  走ってるよ
菅さんが  作ってくれた  綺麗な自転車で  
これからも  いっぱい  走るからね

それが   私に出来ること
菅さんへの   恩返しです


また   綺麗な自転車で
綺麗な空や  海を  眺めに  走りましょ




musashinogirl at 22:15|PermalinkComments(6)自転車 | 走ったこと

2019年09月17日

青い空と海と風・・・悲しい記憶

爽やかな風に  誘われるように
自転車で  出かけてみましたよ


影もきれいね
DSC_0982
あ~~  気持ちいい💛
だから 自転車って  大好き!!




浮かぶ雲
DSC_0983
何を見ても  気持ちいい
最高なサイクリング日和ですね~~



稲狩り
_20190916_110513
なんか 稲を干してるのは  珍しくなったね
子供の頃を  思い出しました



カルラ
DSC_0987
菅さん  来たよ
海まで  行ってくるからな~~
って  声をかけて  出発です



旧街道
DSC_0991
新しい道が出来てるんだけど
私は こっちの  旧道を進みます
古い家並みが  素敵です



旧家
DSC_0992
あちこちに 格子の家がありますよ



多島美
DSC_0996
こんなお天気の日は  綺麗な海が広がります
エメラルドグリーンの海
なんて  綺麗なんだろう(*^。^*)
変わらぬ風景ですね


木漏れ日
DSC_1008
この道の先には  大好きな風景がありますよ
何度来てもワクワクが止まりません



青い空と海
DSC_1011
一気に風が吹き抜けて  目の前に広がる
この瞬間が  大好きだね



出会い
_20190916_195057
カルラで ご一緒したことがある oさん
いつも 熱心に走っておられますね
oさんが  「パン屋さん開いてますよ」って  教えてくれました

わ~~い  あそこのパン屋さん 
美味しいんだよね~~💛
行ってみよう



パン屋さん
DSC_1014
小さいお店だけど  お洒落なんだよね
もちろん パンも  美味しい(*´з`)




空to海
DSC_1016
とてもセンスがいいですよね
オーナーさんも  エスニックな雰囲気で
素敵な方なんですよ
私のウエアを見て「サソリの服  いいですね」って  にっこり('◇')ゞ
「アリガトウゴザイマス・・・💛」

もうふる~~い  カステりのウエアだけど
とっても気に入ってて  大切に来ています(*'▽')
こんな風に  褒めてもらえるって  嬉しいですね


パン
DSC_1015
背中のポッケに入るものを  1個だけ



木陰
_20190916_111104
木陰で  モグモグた~いむ(*^-^*)
素敵なひとときになりました


今日は  ここまで・・・で  引き返します
実は  前から 行ってみたかった所があるんですよ


カルラのある  詫間町には
「日本土木遺産」が  あるのです
先日  カルラの皆さんと行った  「豊稔ダム」も土木遺産でしたよね


日本土木遺産  
⇒ 
http://www.jsce.or.jp/committee/hsce/2800/index2%282800%29.htm

自転車で  ぶらぶらと  見に行くのが
面白そうなんで これから  続けてみようと  思います






詫間海軍航空隊
_20190916_194854
詫間電波高専学校の 周辺にある  石碑です





特攻隊
_20190916_194932
「神風特別攻撃隊出撃の地」
特攻隊・・・って  略語だったんですね



防空壕跡
_20190916_110944
いつも  自転車で通りながら  横目で見てました
防空壕・・・  ちょっと怖い気がします((+_+))




防空壕跡
DSC_0999
いくつか  並んでます
扉が開いてて  入れるの?・・・でも  コワイ
覗くのも コワイので覗きません!



二式会の石碑
DSC_0997
立派な石碑
二式・・・って  飛行機の名前かな?



二式
DSC_0998
なんだか  変わった飛行機ですね

調べてみると 「二式飛行艇」と  いう
当時  世界でも  「空とぶ戦艦」と恐れられた  
日本海軍が誇った飛行艇だそうです
今では  鹿児島の鹿屋基地に  一機のみ現存しているそうですよ



見送り
_20190916_110819
この  海軍詫間基地から  鹿児島まで飛んで
鹿児島で片道分の 燃料を積んで  敵艦に 突撃したそうです
なんだか  胸が痛くなります。。。



鹿児島へ
_20190916_110837
二式大艇
大きな 変わった飛行機だね
海に  浸かってる・・・





特攻隊出撃の碑
_20190916_110917
調べて見ると  
 
海軍飛行隊の特攻隊は   鹿児島の鹿屋基地から 出撃したそうです
鹿屋基地から  飛んだのは  海軍の「ゼロ戦」

鹿児島の知覧基地から  飛んだ特攻隊は  
陸軍飛行隊で  「飛燕」「はやぶさ」なんだって  

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1022923-d2102824-r199717120-Kanoya_Air_Base_Museum-Kanoya_Kagoshima_Prefecture_Kyushu.html

う~~ん  いままで  何となく  耳にしてたけど
いざ  こうして  調べて見ると
改めて  戦争の悲しさが  伝わりますね(:_;)



詫間海軍航空隊滑走台
DSC_1026
これが  土木遺産の滑走台ですよ

海辺に  滑走台が残ってるとのことで
見に行ってみましたが
満潮で  水に隠れていました


家族連れが  楽しそうに  BBQや  水遊びしていました(*'▽')
今は   平和なんだと  実感



以前撮影した  滑走台
DSC_0223
干潮時の写真です

綺麗な  空と海は  当時と変わってないんだろうね
なんだか  少し  遠い時間を  思ってしまいました



休憩
_20190916_111154
カルラまで戻って   一休み
このお茶  美味しいね(*^^*)


どんぐり
DSCPDC_0000_BURST20190915124419395
大きいどんぐり  発見!
これからはドングリの季節だね



善通寺にて
DSC_1039
この間は  中学生に抜かれたけど
今日は  高校生に  抜かれた
なんてこった・・・・(*_*)

抜き返すのは  大人げないから  止めておこうっと(*'▽')



彼岸花
DSC_1041
秋ですね
いつの間にか  伸びてきて咲いてる
不思議な花だね


電車
_20190916_111224
びゅ===ん
手を振りたくなるけど
ここは  我慢して・・・笑



トンネル
_20190916_111329
なんだか  まるで  宇宙へ行けるみたい
トンネルを抜けると  そこは  違う世界だったら・・・と
いつも  ドキドキするのは  私だけかな~~?笑





黄花コスモス
DSC_1055
綺麗に咲いていました
ゆらゆら
風に揺れて  楽しそうね


JR琴平駅
DSC_1059
創業当時の 駅舎を復元しています

青い空に  ポッカリ浮かぶ白い雲
駅舎とよく似合ってる(^^)




お洒落
_20190915_234010
素敵な  外観です
このライトが  お気に入り(*´∀`)♪
漆喰の壁と窓の木枠が  いいね





赤いポスト
_20190916_111442
琴平も古い街並みが  残されています
この頃  見かけなくなったポスト
可愛いね~(*^^*)


格子窓
DSC_1067
白壁と格子窓
人目も気にしないで   立ったりしゃがんだり(*^-^*)
ここは 通る度に  撮ってるのにね・・・



空と海と風の記憶
DSC_0995
なんて  綺麗なんだろう

こんな素敵な風景を  身近で見ることが出来るなんて
恵まれていますね

今の平和な日々があるのは
若くして  命を散らせた 人たちがいるから・・・
何とも言えない  悲しいことです


彼らも  この綺麗な海や空を   眺めたんだろうな
きっと  当時と  ほとんど変わってないのでは・・・と
思うと  切なくなります



この頃   災害が続くね
どうか  被災された皆さんが
一日も早く  穏やかな暮らしが  戻りますように


もうすぐ  やって来る
菅さんの命日を  静かに  迎えられますように



musashinogirl at 23:05|PermalinkComments(4)自転車 | 走ったこと

2019年09月12日

夏の終わりに覚悟して・・・アイスな日

暑かった日々が  すこ~し和らいできた
もう 夏が 終わるなあ・・・


じゃあ  思い残すことのないように
めいっぱい  夏を楽しんできましょう
今日は  覚悟を決めて  行きますよ!!(笑)



しゅっぱ~~つ
DSC_0835
薄曇り
地面からの照り返しも  なくて
気持ちいい~~💛


青号
DSC_0836
今日は   急坂はないから
これで  いってみよ===!!



伊予見峠
DSC_0837
金比羅さんへ  続く街道
古い道標ですが   綺麗に残されてますね



ねこじゃらし
_20190912_220808
カルラの仲間に  事故が続く日々
次は私??  と  思うと怖くなって
歩道を走ることも  増えました

ふと見ると  猫じゃらしが  くっついてた(*^。^*)
夏の歩道には  草が生い茂ってたりするから
つっ切った時に  くっついたんだね(笑)



梨の郷
_20190912_224605
1時間ちょっとで  目的地に来ました
わ~~い!!楽しみだ('◇')ゞ



JA
DSC_0848
なんの変哲もない  JA
ここの奥に  大人気の場所があるんですよ




百年梨の郷
DSCPDC_0000_BURST20190912104158889
香川の西の端
豊浜町は  梨の産地なのです
梨が出荷されるときには
大勢の人が  訪れるんですよ


再会
DSC_0849
「久しぶり~~」って  声をかけてくれた男性
ああ・・・   トライアスロンでカルラに来ていたTさん
愛媛県の 伊予三島の方・・・
何年ぶりだろう・・・
まだ  20歳を過ぎたばかりの頃  カルラでよく会ってた(*^-^*)
「変わってないから すぐわかったわ」って
「え~~(*´з`) もう30年たちますよ~~」って言いながら
<ニヤニヤしちゃうじゃないですか~~・・・>
Tさんこそ   ちっとも変わらない!!

青号をみて
「菅さんの自転車やな・・・いなくなってしまって 残念や・・・」


ここでも  菅さんに縁のある人に出会う
ねえ  不思議だね   
菅さんの仕業かな?

しばし  近況話に花が咲きました
また  どこかで再会で来ますように



お目当てのモノ
DSCPDC_0000_BURST20190912105230353
期間限定の   梨ソフトクリーム
これを  食べるため来ましたよ(*^-^*)
ああ~~  幸せ💛
ちょっと  シャリシャリ感があって
美味しいね




シャーベット
DSC_0851
梨シャーベットも   頂きます
せっかく  来たんだもの  
覚悟を決めて   頂きます(笑)




雲の道
DSC_0856
晴れてきました
雲が  モクモクして   綺麗だこと(*^-^*)
来るときは  絶好調で
私って  走れるようになった~~???って嬉しかったけど
なんのことはない
追い風だったのね・・・((+_+))
帰りは  ひ~~は~~
向かい風ナノダ・・・・

でも  空が綺麗だから  ゆっくり走りましょう





車道
DSC_0857
ここは  国道377号線
信号が少なくて  走りやすいけど
トラックとかも  スピードを出していきます

車がいないときは  車道を走りました
でも  大型トラックも多くて
半分は  歩道を走りましたよ




DSC_0882
川を渡る風は  気持ちいい
ちょっと  止まって  覗き込みます
水の中で遊ぶ鳥が  いましたよ




財田  道の駅
DSC_0883
次の目的地は  ここです
右端の  垂れ幕・・・
ここの道の駅は   アイスクリームが  美味しいのです





ダブル
DSC_0884
紅茶とレモン
ダブルを 覚悟を決めて   頂きます(*^。^*)
レモンは  粒粒が入ってて  美味しい~~
あ~~  満足💛💛


そう  今回は  
「覚悟を決めて アイスを 心おきなく 食すこと」
が  目標なのです( `ー´)ノ

お腹を壊してもいい
ご飯を食べれなくてもいい
恥をかいてもいい

そんな覚悟なのです!!!!!!


うどんの食べ歩きが  あるんだから
アイスの食べ歩きが  あってもええやんな~~(笑)



歩道
DSCPDC_0002_BURST20190912125738391_COVER
ここみたいな  綺麗な歩道だったら
国道も走りやすいんだけどね
すぐ  段差ばかりの狭い歩道になりました




揚羽
_20190912_222533
あま~~い花に  いました
とっても大きくて  綺麗ね

ひらひら  ふわふわ
いつまでも  見ていたくなる蝶々



羽を広げて
_20190912_222400
じ==っと見てる私に サービスしてくれたかな?
うっとりしながら   見てましたよ

大きくて   綺麗だったな~~


アンファーム
DSC_0908
やっぱり  ここは  外せないっしょ💛
何度も自転車で来てるけど   
まだ  食べてないものがあるんですよ(^^♪



みとよ・三種のお茶フルーツパフェ
DSC_0903
これを  食べたかったのです
お値段も  張りますが  チャレンジします( `ー´)ノ






ゴックン
DSC_0898
うっとり   綺麗ね~~☆

一番下のオレンジ色のが  「べに茶ぜりー」ね
ほうじ茶の生クリームは  真ん中に入ってました
これが  美味しい!!
お茶のゼリーは  作ってみたいな~~

ああ~~   覚悟を決めて  食べて大正解!!



アイスクリーム
DSC_0900
みかん  栗   紅いも  マルベリー  あと忘れた~~

覚悟を決めて  言いました(*‘ω‘ *)
「栗をください・・・」




栗のアイス
DSC_0904
栗の粒粒が  入ってて  美味しいね💛


自転車と共に
DSC_0907
ああ~~   
楽しかったね
美味しかったね
頑張ったね


さあ   帰りましょう


彼岸花
DSC_0909
秋を見つけました
もう 咲いているんだね



柘榴
_20190912_222854
わ~~  いっぱいなってるね
透明な赤い実
綺麗だよね
お口の中に   子供のころ食べた味が甦ります
長く  食べてないな・・・




金色の稲
DSC_0920
もう   あちこちで  稲刈りが始まりました
風が  稲の香りがする瞬間が  ありますよ




DSCPDC_0002_BURST20190912140710851_COVER
センターに  私がいます


帰って  シャワーを浴びて  
工作の時間に  かわりますよ




竹の棒
DSC_0929
道端に 捨ててあった竹から  ちょっと頂いてきました
枝を払って  棒にします



手ぬぐい
DSC_0930
富山の友人からの  贈り物
「あわら風の盆」の  手ぬぐい
いつか  行ってみたい  「風の盆」

   ☆音量注意☆
        ↓
https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%81%8a%e3%82%8f%e3%82%89%e9%a2%a8%e3%81%ae%e7%9b%86+%e5%8b%95%e7%94%bb&&view=detail&mid=1D669B7F8CCD61A6D0611D669B7F8CCD61A6D061&&FORM=VDRVRV




工作スタート
DSC_0931
あまりにも   素敵な手ぬぐいなので
飾るように   手直しすることに  したのです



出来上がり
DSC_0932
タペストリーにしました
ね   素敵でしょ💛
使うのが   もったいないから
これなら   眺めるだけでも  ok(*^-^*)



アトリエに
DSC_0935
ほら  ぴったりね
素敵にできましたよ
贈ってくれた  kちゃん  感謝ですね



空と私
DSC_0877
毎回  同じような写真になってしまう・・・((+_+))
でも  空が綺麗だから  撮りたくなってしまうんだよね





空と道
DSC_0861
カルラの仲間に

事故が続いてることに  心が痛みます

テレビでは  災害ばかり  報道されてる

見てるだけで   悲しくなる

車が通ると  怖くなる



それでも   走りたくなるような

綺麗な空



今日も   菅さんに縁のある方と出会えたよ

みんな  菅さんの事  忘れてないよ

嬉しかったな・・・



もう  夏が終わる

そして  秋が来る



どんな  秋になるんだろうね

素敵な秋に  なりますように





musashinogirl at 21:30|PermalinkComments(6)自転車 | 走ったこと

2019年09月09日

空の色に染まる時・・・藍染めと自転車

休日の早朝
ワンコの散歩に出ると  空がとても綺麗だったね
夜明けころの  空です(*^-^*)
DSC_0732
今日は   皆と一緒に  藍染めをする日なのです
ご近所の素敵な友人 Rちゃん
彼女のお家で  藍染めをするんだけど
私の友人3人も  誘ったんです
私の友人は  初めての藍染なので
すごく  楽しみにしてくれてます💛
うまく出来るといいね・・・




_20190909_181803
Rちゃんが  育ててる藍
花が咲く前に  刈り取って  葉をちぎります
すぐに  葉で染めることを  「生葉染め」といいます
葉を発酵させた染め方とは  違いますよ!!

この後の作業は  お喋りに 夢中で  
写真が撮れてません・・・((+_+))
ゴメンナサイ・・・


染液
DSC_0739
ちぎった葉っぱを  綺麗に洗って
ミキサーで  砕きます
ここまでで  午前の部  終了!!


アトリエ
DSC_0741
私の友人3人を  ご招待して  アトリエでランチです
下ごしらえは  私
仕上げは  4人で一緒に  盛り付けて・・・



いただきま~す💛
DSC_0742
にぎやかに  お喋りしながら  美味しいね~~
お腹いっぱい!!


ランチ
DSC_0743
冷製鳥のスープ煮(レモン醤油仕立て)
おむすび(梅・鮭)
ポタージュスープ
サラダ
果物のゼリー

「動けな~~い」と笑い合いながら(*^-^*)
またまた Rちゃんちへ移動です


午後の部
DSCPDC_0001_BURST20190908120311528
Rちゃんが  薬剤を投入
この薬剤で  色止めをしないと  染まらないのです



ワイルド
DSCPDC_0001_BURST20190908120315714
木の棒で  混ぜ混ぜ(笑)
そろそろ  いいかな?


投入
DSCPDC_0000_BURST20190908131907672
それぞれ  染めたいものを持ってきたので
投入します
ドキドキする瞬間!!



染める
DSCPDC_0000_BURST20190908131730688
全体に  液がいきわたるように  浸けけ込んで
絞っては   広げて干していきます




さらす
_20190909_181936
染液に浸けこんでは  広げて  干していきます
空気に触れたら  青色に  変化します
不思議なひとときです




素敵な時間
_20190909_181919
Rちゃんの  素敵な庭で  過ごす時間

目に触れるものが  自然に溶け込んで  居心地のいい場所
大きく息を吸って   体中で  楽しんでます


染めては  干す・・・を3回ほど  繰り返して
ざっと  洗って   解散です

友人たちも  みんな喜んで  帰っていきました
Rちゃん に感謝ですね




仕上げ
DSC_0751
石鹸を付けて   しっかり水で洗って  
洗濯機で洗い仕上げ
同じ液で   染めても
素材で  微妙に  色味が違って  いい感じです

 
帽子
DSC_0753
色褪せていた帽子も  染め直しました
お気に入りのモノは  大切に  着ていきたいです💛


今回  染めたのは 
ブラウス  ワイドパンツ  帽子3点
・・・・


この他に   3~4年前に一目ぼれして買った
ワンピース

白いワンピースで
デザインが  とっても  変わってて
すごく  気に入ったんだけど
年を取ると   白って難しくて
日焼けしてる私には  似合わないことが  判明( ノД`)シクシク…
 


処分もできずに   眺めるだけのワンピース

思い切って  今回  染めてみたのです

見てください(*^-^*)


白いワンピース
DSC_0679
異素材の生地を    組み合わせています
裾が  アシメトリで   なんとも可愛い~~
このデザインが  とても  気に入ったのです






染める
DSC_0702
素材の違いで  グラデェーションになって
素敵~~~💛



広げて・・・
DSC_0680
この裾が   ヒラヒラと揺れて  いいでしょ





染まった
DSC_0703
もう  嬉しくて  嬉しくて
これなら   着れそうね
ふふ~~  どこに  着て行こうかな?



DSC_0754
夕焼けも  綺麗
今日は  とても   いい一日となりました

**********************************

空の綺麗な日
ちょっとだけ  走りに行くことに  しましょう



青い自転車
DSC_0773
暑~い日
不安定な天気で  暑くてたまらないね



抜かれた
DSC_0776
何てこった
中学生に  抜かれたよ~~( ゚Д゚)


暑い
DSC_0777
ちょっと  疲れが残ってるのかな
でも  気持ちいい
ゆっくり走ろう




_20190909_210925
イガ栗が  いっぱい
もう秋だね


萩の花
DSC_0783
綺麗に  萩が咲いてました
優しそうね




_20190909_211141
久しぶりに   来てみました
ここは   私の再スタートの場所
色々なことを   思い出します
ここは  やっぱり  素敵な場所ですね



どんぐりロード
DSC_0794
この道は   いいね
なんだか  緑に染まる気がする




夏の終わり
DSC_0797
キラキラと  水面が輝く
渡って来る風が  木々を揺らす
夏も  終わるね



キノコ
DSC_0800
わ~~  ビックリ
大きいね
私の手の平くらいは  あるよ!!!





_20190909_204736
絵にかいたような キノコ
う~~~~ん・・・・・
綺麗すぎて   コワイな



満濃池
_20190909_211502
空が  映って  綺麗だこと
雄大な 風景で   気持ちがす~~とします


風の中を   走りながら思うこと

最近ね 
カルラの仲間に  事故が続きます

Sさん   Yさんが  入院中
お二人とも  大けがです
ついさっき   Hさんが  落車で怪我をして
自転車は  廃車になりそうだと   連絡が来ました


いつも  皆を笑わせてくれる  sさんは
大けがを負って  入院中
先日   皆でそろっていってきました



お見舞い
DSC_0662
自転車の雑誌を  囲んで
夢中で話す皆さん
難しいことばかりで
私には  チンプンカンプンだけど
菅さんの  お店で  過してたみたいな気分でした
sさんも  喜んでくれて  ヨカッタ


一緒に
DSC_0762
車いすで  移動のsさん



青空
_20190909_204205
綺麗な空を見上げて


ねえ  なんで皆  事故に遭うんだろう
悲しいね
もしかして  次は  私?
なんだか 意味もなくそんなことを  考えてしまいます


もうすぐ   菅さんが  いなくなった日が来るね
9月は  ちょっと   寂しい気持ちになります


藍染めをした 洋服は
素敵な空の色に  染まりました

菅さんは   あの空にいるのかな?


青い服
青い空  
青い自転車
ちょっと  悲しい空色に  見えてしまう



皆さんが  早く  お元気になられますように

もう  これ以上  悲しいことが

起きませんように